2004年04月03日

ろう石とケンケンパ

ゴム飛びに続いて見なくなったと感じるケンケンパ。
これどうやって遊んだんだっけと思い検索してみました。
南日本新聞社の昔遊びの記事
ケンケンパには地域によって違いがあるんですね。
私が遊んだのは「まる型」です。

自宅前の道で遊ぶ時はろう石(ロウ石)ってので描いてたはず。
ろう石も駄菓子屋や文房具屋では必ず売ってました。
ケンケンパとかって遊びはいつ消滅したんだろう?
公園の土の所には誰かが遊んだ跡(わっかが描いてる)とか見かけたのに。
ろう石で遊んだ時期も機会も非常に少なかったのですが
とても懐かしい遊び道具です。

さて、ろう石といえば「落書き道具」ぐらいの認識でしたが
そういやコレは石なのか。と思ってネットで調べてみました。
すると「葉蝋石」と「蝋石」を分けてる所、同じ石だが別名としてる所
「滑石」の加工品としてる所、別名としてる所と様々。
また英語名もAgalmatolite、pyrophyllite、pagoditeと分かれていました。
なんか分類しにくい鉱物なんだろうか??
ちょろっとネットで調べただけでは判りませんでした。
いったい何なんだろう?ロウ石って。
とりあえずケイ酸塩鉱物で金属+ケイ素+酸素が結びついてできた鉱物だそうです。

んでこっからまた「ケイ酸塩鉱物」って何よ?って事で検索。
惑星形成領域から結晶化ケイ酸塩鉱物を発見!!だそうで…
AstroArts 記事
国立天文台記事

ケンケンパから始まって、とうとう宇宙に飛び出してしまいました。
収拾つかなくなってきた。

10.gif


posted by yukotrip at 21:17| Comment(3) | TrackBack(0) | 昭和・記憶の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 おお、ケンケンパですか。懐かしい・・・○書いて遊んだような・・??四角と三角で案山子みたいに書いて同じようなことやったような気もするけれど、あれってなんていうのだろう、忘れちゃった・・・
 懐かしい事を思い出させてくださいました、感謝!
Posted by Mr.FORD at 2004年04月04日 17:28
うちらの周りはなかなか間違わない人が多かったので、後ろを向きながらとか、結構曲芸みたいな事をやっていました。
書き物は、文房具屋さんでチョークというパターンが多かったです。結構カラフルに色が付けられて良かったですよ。
消すのも結構楽でしたし。(消さないと怒られた)

全然関係ありませんが、「クター」というサイトの中にケンケンパのゲームがありましたよ。
残念ながらMacは遊べないみたいなのですが、もしもWindowsをいじる機会などありましたら。
http://www.giga-rensya.com/ath/world/g_kenkenpa.html
Posted by 2号 at 2004年04月04日 20:35
>>Mr.FORDさん
ケンケンパのかかし型の方じゃないですかね?
また違う遊びなのかなあ…??
なんか懐かしい事思い出したら教えて下さいね。

>>2号さん
そっか!チョークも使いましたね。私もロウ石は自宅前限定でした。
雨ふったら消えますしね。
PCで遊べるのって良いですね、こんなのあるんだ。
Winが欲しいですわー。
Posted by yukotrip at 2004年04月04日 21:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。