2005年07月03日

Short Shorts Film Festival 2005

2005/06/30
『Short Shorts Film Festival 2005』ラフォーレ原宿ミュージアム

行ってきました。
ショートショートというと、なんかアーティスティック色が濃い過ぎて
ワケワカラン作品が多い、という思い込みがあったので
(あまり良い作品を見たことなかっただけなのでしょうが)
ちゃんと観てられるのかと不安はありました。
予想に反してほんまめっちゃ良かったです。
短い時間内に人に何かを伝えられるように作品を纏めることが出来る
ってのはスゴイなーと。
私が見たのは「I-A」のプログラム。

■Confessions of an Animation
「アニメの告白」
アニメのキャラクターへのインタビュー形式で話が進みます。おもろい。

■IL TEMPO DI MORIRE (DYING MOMENTS)
「じれったい瞬間」
3組の男女が交錯する瞬間。その後、また別々だったりナンだったり。
これは面白かったー。2時間ぐらい見てた?って錯覚する。

■Tango Overlord
「タンゴレッスン」

■OH MY GOD
「オーマイガッ!」
終始血みどろで、どーしょうもないカンジだけどメッセージ色が濃い作品。
エンドクレジットが良い!

■PURPOSE OF VISIT
「旅の目的は」

■Les Derniers Jours(The Remaining Days)
「残された日々」
やりたい事メモを見つけた老人の話。最後の瞬間がとても美しい。
全てに満足したら...
私なら(私の年齢なら)また次のやりたい事を探すかな?

■S.P.I.C. The Storyboard of my Life k
「あるアニメ−ターの人生物語」
手法を凝った作品。全編が手書きスケッチの早回しでナレーションとシンクロさせてます。
絵を描くこと=コミュニケーション。


会場にはそれぞれ作品の監督も何人か来ていました。
「良かったです」ぐらい言える語学力が欲しいと思いました。

『Short Shorts Film Festival 2005』


posted by yukotrip at 04:58| Comment(151) | TrackBack(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LOUD ON SUPERB!

2005/6/26 
『machine tour'05 LOUD ON SUPERB!』渋谷AX

とあるキッカケでmachineのLiveに行ってきました。
PENICILLINのHAKUEIとhide with Spread BeaverのKiyoshiのバンド
というわけで、クオリティ高いステージなんだろうなーと。
楽しみではあったけどCDでしか聴いた事ないし、
生音が聴ければそれでイイ!...というノリで行ったのですが
いやもう、相当よかったです。はまった。
ギター良すぎ。バンドの音って良いなあ。
私が好きなのは一番最新のアルバム『Superb』です。
どの曲もメロ、裏メロ、共にたまらんカンジでよかったです。

そんなわけで、邦楽も最近聴いてるのでした。


『machine』
posted by yukotrip at 04:57| Comment(11) | TrackBack(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。